2018.1.10 UP!

【メイク下手さん必見!】失敗しない眉の描き方◆完全レクチャー

顔の印象はもちろん、おしゃれ感をも左右するのが眉。でも、メイクの中でも苦手な人が多いのも眉。2018年こそ、眉を上手に描けるようになりたい! そう願う人のために失敗しない眉の描き方を伝授します!

印象を何よりも左右するのは眉!

皆さん、2018年はどんな目標を立てましたか? 仕事? 恋愛? 結婚?  もし目標を見定められない人がいたら、ぜひ眉をキレイに描けるようになってみませんか? 描くのが苦手な人はもちろんですが、実は眉を上手に描けるようになると、仕事や恋愛もうまく行くかもしれないんです。だって、意外に目や口よりも眉の印象って記憶に残りません?

たとえば、今どき細い”への字”眉の人に会ったら、「古いな」と感じるし、「あの人、性格キツそう……」とも思いますよね。左右の眉の位置が違っていたり、長さが違う人がいたら、眉ばかり気になって話に集中できなかったり。

そう、眉って相手にかなりのインパクトを与える部分! だから、違和感のないきれいな眉がかければ、印象がアップ!=仕事や恋愛にもいい影響があるはずです♪

まずは動画で左右対称な“アーチ眉”の描き方をチェック!

ここからは動画でレクチャーした失敗しない眉の描き方をおさらいしていきます。ポイントになるのは、2つ!

POINT①眉の輪郭となる部分に点を打つ

 (7357)

アイブロウペンシルを使って、眉の上側の眉頭、眉山、眉尻に軽く点を打ちます。
 (7356)

鏡で確認しながら、左右の位置の高さを揃えて点を打ちます。はっきり見えるくらいに点を売ってしまってOK。

POINT②点をアイブロウパウダーでつないでいく

 (7358)

アイブロウパウダーを筆に取り、点をつなぐように眉を描く。 点をつないでいくだけなので、もう左右の高さを心配する必要はなし!

描きあがった眉がこんな感じ!

 (7359)

ペンシルだけで描くと、きりりとしたキツい印象の眉になりますが、パウダーを使うことで輪郭がぼけてナチュラルな眉が完成します!
★★★★★
目や口以上に顔全体の印象を左右する眉。ぜひキレイに描けるようになって、2018年もハッピーな一年にしましょう。ぜひ動画を見ながら練習してみてね。

★★★★★
撮影/池田佳史(BOIL) ヘアメイク/久保フユミ(ROI) モデル/村田綾 構成/LindeL編集部

【メイク下手さん必見!】失敗しない眉の描き方◆完全レクチャー

この記事が気に入ったら

Recommend あわせて読みたい

【動画でレクチャー】大人にも似合うトレンドのレッド系眉

【動画でレクチャー】大人にも似合うトレンドのレッド系眉

目元に色を使ってプレイフルに楽しむメイクはこの秋も健在★ 秋のベストオブトレンドカラー“深みのあるレッド”を眉に使えば、いつものメイクがもっとおしゃれに仕上がります。 そのメイクテクを動画でレクチャーしていきます♪
太眉はもう古い!? 秋の2大眉トレンドはもうおさえた?

太眉はもう古い!? 秋の2大眉トレンドはもうおさえた?

顔の印象を左右する大事なパーツといえば、眉。この秋は今までの平行太眉から、ゆるくカーブを描いたナチュ山眉にトレンドが移行しているんです! 一方、インスタグラムではアーティスティックな「ウェービー眉」がじわじわと広まっている模様。 今回はその2つの眉メイク例をご紹介します。2つの振り幅はかなり大きいですが(汗)、このトレンドを押さえておけば普段メイクで美人度アップも、ハロウィンなどのイベントメイクで注目を集めることもできちゃいます!
トレンドのナチュラル眉はティントで作る!

トレンドのナチュラル眉はティントで作る!

しばらくリップコンシャスなメイクトレンドが続いていましたが、今年の秋冬トレンドはアイメイクがポイント! シャドウの2色使いや、強めな囲みEYEなど目元がドラマティックな分、眉はナチュラル系で引き算するのが正解です。 そこで今回は、自然な太さの眉が簡単に作れて、さらにスッピンでもナチュ眉が続く秀逸ティントアイブロウをフィーチャーします!

Keyword

Curator

編集部 編集部
「SNSもフォローしてね」
PAGE TOP