カラコンレポをもっと見る
2018.7.6 UP!

美容皮膚科医に質問!【やってはいけない目元ケア】の真実

スマホに、マツエク、グラデーションを効かせたアイメイクと、アラサー女子の目元はなかなかお疲れ気味。メイクを楽しむには、ケアも大切よね、ということで、今回は正しい目元のケアについてお勉強しましょ♪ 講師のレヴィーガクリニック院長・三輪菜つ美先生からは、目からウロコな驚きの真実が!? あなたのそのケア、大丈夫ですか?

そもそも目元ケアはやってはいけないこと!?

thinkstock (7982)

仮にも、”美目育サイト”を名乗る私たち。目元のケアには自信あり!と鼻息も荒くレヴィーガクリニックに乗り込み、早速、院長の三輪菜つ美先生へインタビューを開始しました。

LindeL:
先生、今日は、目元ケアについてお伺いしたいと思います!

三輪先生:
とにかくお伝えしたいのは、皆さん、マッサージが激し過ぎるということ。良かれと思ってやっているのは分かりますが、目元にとって、「押す」、「こする」といった動作はすべてNGなんです。

やってはいけない目元ケアBEST3
☑目の下をゴリゴリこする激しいマッサージ
☑)目の周りのツボを強く押す
☑コットンを使ってメイクを拭き取る

心あたりはありませんか? そもそも、ここに手を触れるのですら要注意ですよ。

LindeL:
えーーー!! 先生、アイクリームはどう塗ればいいんですか? 

三輪先生:
そうですね、軽く載せる程度であれば良いでしょう。

LindeL:
そんなぁ。最近のアイクリームは、附属のアプリケーターが付いていて、それで、くるくるとマッサージしながら塗るのがおすすめなんですよ(泣)

三輪先生:
アプリケーターでマッサージ!! 聞いただけでも恐ろしいですね(笑)

間違ったケアを続けると、たるみやシワ、シミの原因に!?

LindeL:
先生、どうしてそんなに目元はデリケートなんでしょう?

三輪先生:
顔って、場所によって皮膚の厚みが違うんですよ。おでこや顎が分厚いのに比べて、目の周りの皮膚は薄く、特に目の下が一番薄い。「水光注射」などの針を入れるときも、内出血のリスクが高く、痕になったり、シミやシワが出やすい場所なので、私たち医師にとっても難しい場所ですね。

LindeL:
なるほど。そんなデリケートな目元のマッサージを続けていると…?

三輪先生:
皮膚をこするようなマッサージは摩擦が生じ、たるみだけでなく、シワやシミなど、肌トラブルを招く原因に。自己流のマッサージをするくらいなら、いっそ何もしないほうがいい(笑)。

LindeL:
先生! 出来てしまったたるみは、諦めるしかないんでしょうか?

三輪先生:
大丈夫です。今日は皆さんに、私がおすすめする目元のエクササイズをお教えしましょう!

LindeL:
え? エクササイズ?

三輪先生:
外からがダメなら、内側からケアすればいいんです。たるみの一番の原因は、筋肉の衰え。目の周りには『眼輪筋』というオニオンみたいな筋肉があって、この働きによって、目を開けたり閉じたりできます。なので、目やまぶたのたるみには、ここを鍛えるのが効果的。さぁ、一緒にやってみましょう♪

目やまぶたのたるみには、眼輪筋エクササイズが有効!

それぞれ3セットずつ行って!

 (8179)

1.両目をぎゅっと力いっぱい閉じて、5秒キープ
 (8180)

2.今度はパッと思いっきり開けて、5秒キープ
 (8182)

3.左右3回ずつ、ウインクをする。

※ウインクしにくい方が、筋肉が衰えている証拠。
LindeL:
わ! 目が開きやすくなって、スッキリしますね♪

三輪先生:
そうなんです。PCで疲れた時やTVの合間にやるだけでOK。疲れもとれるし、何より、たるみやシミ、小ジワが和らぎますよ。ぜひ、続けてみてくださいね。

★★★★★
「目元のケアは、外からではなく内側から!」。アイクリーム信者の筆者にとっては、まさに目からウロコのインタビューでした。あと、目元を鍛えるには、“よく笑う”のもおすすめだそう。「笑うとシワになりやすい」と信じていたので、これもまた、目からウロコなお話しだったのでした。
教えてくれたのは・・・

三輪菜つ美先生(内科・皮膚科・美容皮膚科医)

2013年北里大学医学部卒業。東大病院にて研修を経て、1日診察数平均100名以上の都内クリニックにて内科・皮膚科として勤務。自身が研修医時代に経験した肌荒れから、独自の食事療法にて美肌と体質改善を達成。最近はアーユルヴェーダを学び、生活にアーユルヴェーダも取り入れている。 2017年5月よりレヴィーガクリニック院長就任。雑誌、webなど幅広く活躍中。女医+(じょいぷらす)所属。 【http://leviga.jp/】

カラコンレポをもっと見る

Recommend あわせて読みたい

目薬を習慣づけることで目元のエイジングケアができるって本当⁉

目薬を習慣づけることで目元のエイジングケアができるって本当⁉

カラコンユーザーにとってなくてはならない存在の目薬。クリアな瞳を演出したり、目の疲れを癒したり…と用途はさまざまですが、実は目元のエイジングケアにも目薬は有効って知っていましたか? 目薬をさすことでイキイキと輝く目元をキープしていきましょう!
 目の下のクマは、最新美容医療で解消できる!【美容医療のリアル体験レポ!】

目の下のクマは、最新美容医療で解消できる!【美容医療のリアル体験レポ!】

皆さま、はじめまして。美容医療を身近に感じてもらうお手伝いをしております、メディカルPRプランナーの西脇ひとみです。顔の中でも目の周りの皮膚は大変薄く、紫外線や乾燥などのダメージを1番受けやすい部位です。今回はそんな目の周りで、私自身が長年悩んでいた”目の下のクマ”について、最新の美容医療情報をお届けします。
話題の美目育エステ、ロート製薬のサロンがすごい!

話題の美目育エステ、ロート製薬のサロンがすごい!

年齢を重ねたら必ず訪れるであろう目尻のシワやくすみ、まぶたのたるみetc…。これら目周りの不調は起きてからではなく、起きる前に対処するのが鉄則! ケアは早いに越したことはないのです。そこで、アラサー美容の手始めとしてオススメしたいエステサロン「ロートビューティヘルスサイエンススキンケアサロン」をご紹介します。ここ、本当にすごい!

Keyword

美容皮膚科医に質問!【やってはいけない目元ケア】の真実

この記事が気に入ったら

Curator

RIE MURATA RIE MURATA
「SNSもフォローしてね」
PAGE TOP