カラコンレポをもっと見る
2018.7.6 UP!

大事なバカンス先でキレイな写真を残すのに必要なものって?

そろそろ夏休みシーズンですね。ギリギリまで仕事していて疲れたまま旅先に到着。むくんだ顔やぼんやりした目のまま写真に残るのはもったいない! そんなことにならないために旅先に持っていくべきものとは?

疲れ顔を解消するのに必要なのは?

gettyimages (882)

バカンス先の楽しみといえば、日焼け? 食事? アクティビティ? 観光?
いずれにしても”写真”は不可欠ですよね。
直前まで仕事をしていたり、アクティブに遊びすぎて、疲れが顔に出ては、
せっかく写真を撮ってもすべてお蔵入りすることに・・・。

手軽に持ち運べるアロマが便利!

疲れを残さず、毎日すっきりとした顔で滞在を楽しむために不可欠なもの、
それは自然な香りで癒してくれて、持ち運びもラクチンなアロマ!
古来から、アロマは病気の治療や予防、心身の健康やリラックスなどのために使われてきたもの。
アロマに使われる精油は植物由来のオイルで、特有の香りがあり、
生物活性が認められるものもあるほど。
thinkstock (881)

世界で活躍する調香師が作るアロマに注目!

旅先でもすっきりとした笑顔で過ごすために持っていきたい、最適なアロマが、
香りのデザイン工房「atelier S.(アトリエ エス)」から発売になりました!
 (877)

左から
PARIS / 11:00 / autumn
KYOTO / 17:00 / early summer
TOKYO / 23:00 / winter

各4,320円(税込)
箱入り3本セットは12,150円(税込)
atelier S.を主宰するのは、アロマ調香デザイナー齋藤智子さん。
ミラノサローネ『Milano Design Award 2017』「ベストストーリーテリング賞」受賞 したり、
インスタレーションPanasonic×GO ON“Electronics Meets Crafts;”で、
網香炉の調香を手がけるなど、国内外で高い評価を得ている調香のプロフェッショナルです。

´そんな彼女が世界の都市をテーマに調香したオリジナルアロマが、
TOMOKO SAITO aromatique の「voyage」。
東京、パリ、京都をイメージしたアロマは、使う時間帯もイメージされています。
それぞれトップノート、ミドルノート、ベースノートで趣の違う香りを調香。
たとえば、京都をイメージした「KYOTO /17:00/ summer」なら、トップノートは爽やかな橙や和ハッカ、ミドルノートは艶やかなタイムリナロール、ベースノートには深く落ちついたサンダルウッドやベティバーの香りを感じることができます。

ほんの数滴のアロマの香りで、旅先でもリラックスして、
その日の疲れをその日のうちにしっかりと癒す。
そうすれば、旅の間いつどこで写真を撮っても健やかでハッピーな表情を残せるはず。
カラコンレポをもっと見る

Recommend あわせて読みたい

沖縄の新ランドマーク【ハイアットリージェンシー那覇沖縄】が女子旅にオススメなわけ

沖縄の新ランドマーク【ハイアットリージェンシー那覇沖縄】が女子旅にオススメなわけ

7月もまもなく終わりに近づき、8月は楽しみにしていた夏休み!という人も多いはず。今日はトラベルライター渡辺由布子的オススメの旅先と一押しの滞在先をご紹介します♡
子連れで沖縄旅行を楽しむ4つの過ごし方♪【2児ママの夏休み】

子連れで沖縄旅行を楽しむ4つの過ごし方♪【2児ママの夏休み】

ちょっと早めの夏休みで沖縄に行ってきました!4歳の娘と1歳の息子というエネルギー有り余る子供達も私たち大人も満足できる沖縄でのおすすめの過ごし方をご紹介します。
ダイビングに酵素浴、オリジナルの入浴剤etc.モデル、渡辺知夏子さんの美ボディキープの秘訣とは?

ダイビングに酵素浴、オリジナルの入浴剤etc.モデル、渡辺知夏子さんの美ボディキープの秘訣とは?

今回は、人気モデル、渡辺知夏子さんのボディメイキングについてお聞きしました。インタビュー開始早々、「運動はあまり好きじゃない」という意外な言葉が! 大好きなダイビングや、こだわりの入浴法…スレンダーボディを保つ秘訣は、彼女のストレスフリーなライフスタイルにありました♡

Keyword

大事なバカンス先でキレイな写真を残すのに必要なものって?

この記事が気に入ったら

Curator

編集部 編集部
「SNSもフォローしてね」
PAGE TOP