2018.3.26 UP!

メイク下手でも安心♡メイベリンの新作チークって?【話題のコスメを動画でお試し!】

色のノリ具合やぼかしの加減が難しいチーク。ともすると子供っぽくなったり、野暮ったくなって、朝から憂鬱になった経験、ありますよね? そんな悩みを一気に解消してくれると話題のチークが「メイベリン マスターフラッシュスティック」。その実力を早速試してみたいと思います!

使える!と噂のチークがこちら♡

 (5939)

メイベリン マスターフラッシュスティック ¥1,400(税抜)
写真のコーラル系ピンクの「ピーチメロン」とローズ系のピンク「チェリーグレープ」の2色展開。

ロール面の反対側にスポンジがついているので、指を汚さず自然にぼかすことが可能。
2017年10月末に発売して以来、「使いやすい」「発色がいい」とSNSなどで噂になっているチーク「メインべリンマスターフラッシュスティック」。百聞は一見に如かず、ということで、早速LindeL編集部でも試してみることに。まずはその様子を動画でご覧ください!
自然にぼかしたり、色のノリを調整しやすいスポンジ付きなので、失敗知らずな逸品なんです! もともとシアーなうえに、スポンジ面でやや強めに抑えると色が落ちちゃうくらいなので、濃くついたかな、と感じたときはスポンジでしっかりぼかせばリカバーできちゃうんです。

失敗知らずなチークで”ふたつの私”を作ってみよう!

失敗知らずで使い勝手のいいチークだから、ちょっと欲を出して、ふたつの顔の作り方をマスターしてみましょう! ”可愛い”と”大人っぽい”、1本のチークでふたつの顔が作れれば、どんなシーンにも対応できて、いつも素敵な”私”で過ごせますよ。

可愛い私になりたいときは?

チークをのせる位置はココ!

チークをのせる位置はココ!

チークをのせるのは、頬骨のいちばん高いところに500円玉くらいの大きさで。シアーな発色なので、しっかりのせても”おてもやん”になる心配なし!
仕上がりはこんな感じ!

仕上がりはこんな感じ!

のせたチークを上から軽くたたくようにぼかすと、写真のようにほんのり上気したような頬に。

大人っぽい”私”になりたいときは?

チークをのせる位置はココ!

チークをのせる位置はココ!

頬骨のいちばん高い位置から外側に少しずらしたところから、耳のほうに向かって縦に3本線を引くようにチークをのせる。”可愛い”よりも色はややしっかりとのせてOK。
仕上がりはこんな感じ!

仕上がりはこんな感じ!

チークがのっている部分を楕円状にスポンジ面でぼかすと写真のような感じに。ぼかしすぎず、”可愛い”ときよりもはっきりと発色させておくのが◎。外側にチークをのせることで顔が引き締まって見えるので、大人っぽい雰囲気に。
 (5944)

チークをのせる位置の少しの違いと色のぼかし具合で、こんなにも印象が変化! このコントロールがプロじゃなくても簡単にできるのは、使いやすいスティック型でシアーな発色のチークだから。チークに悩んでいる人は、ぜひ試してみてね。簡単にキレイになれるから、昨日よりもきっとメイクが楽しくなるはず♪
★★★★★
撮影/中野与志男 ヘアメイク/久保フユミ(ROI) 編集・構成/LindeL編集部

メイク下手でも安心♡メイベリンの新作チークって?【話題のコスメを動画でお試し!】

この記事が気に入ったら

Recommend あわせて読みたい

【2018SS】トレンドカラー≪ピンク&パステル≫のおすすめアイメイク速報!!

【2018SS】トレンドカラー≪ピンク&パステル≫のおすすめアイメイク速報!!

まだまだ寒い日が続いていますが、ファッションもメイクもすでに春モードに突入! 2018年の春夏は「メイクってこんなに楽しかったっけ?」と胸弾む軽やかなピンク&パステルが大流行♪ マストで押さえておきたい旬なアイメイク&買うべきコスメをご紹介していきます。
【ほのか出演】2018春夏トレンドピンクを使いこなす、王道メイク♡

【ほのか出演】2018春夏トレンドピンクを使いこなす、王道メイク♡

この春は、ちょっぴりくすんだピンクや優しい印象のピーチピンクが流行の兆し。ならば、一足早くメイクで取り入れていきましょう♪ 甘くなりすぎそうで難しいとためらいがちですが、オフィスでも使えるピンクメイクを動画でレクチャーしていきます!!
≪可愛すぎるビールの売り子≫ほのかのプライベートメイクを大公開!【動画】

≪可愛すぎるビールの売り子≫ほのかのプライベートメイクを大公開!【動画】

バラエティ番組やグラビアに引っ張りだこのタレントほのかさん。 普段どんなメイクをしているの? という声に答えてプライベートメイクをリンデルだけに教えてくれました♡ コメント付き動画が届いたのでぜひ、音声ありでご覧くださいね★

Keyword

Curator

編集部 編集部
「SNSもフォローしてね」
PAGE TOP