2018.5.6 UP!

”最強&最高の時短メイク”はメイベリン ニューヨークの「メイベリン トーン オン トーン シャドウ」が叶える

働く女子にとって、毎朝のメイク時間は削りたくてもなかなか削れないもの。でも、さっと塗るだけで手の込んだメイクに仕上がるアイシャドウがあれば”5分の時短”が可能に。そんな夢のようなアイシャドウがメイベリン ニューヨークから出ているんです。

お仕事女子の最強アイテム「メイベリン トーン オン トーン シャドウ」 もうチェックした?

 (6550)

メイベリン トーン オン トーン シャドウ 全4色 各¥1,200(税抜)
シャドウパレットを使って手の込んだアイメイクをしたいけれど、毎日のメイクはそこまで時間をかけていられなーい!という人も多いのでは? そんな人にオススメなのが、メイベリン ニューヨークから2017年10月28日に発売された「メイベリン トーン オン トーン シャドウ」。2層のスティックタイプのシャドウはまぶたの上にひと塗りするだけで、キレイなグラデーションが完成するという優れものなのです。まさに、手の込んだアイメイクがものの30秒で完成しちゃう時短コスメ! 気になる仕上がり、色展開をご紹介しますね。

塗って指でぼかすだけでプロ級の仕上がり

 (6555)

使い方は簡単! 濃淡2層のスティックの濃い色を下にしまぶたに沿ってひと塗り。するとキレイに2色がまぶたにON。
 (6557)

境目を指の腹で馴染ませるとナチュラルなグラデの完成です。メイク下手さんももうアイメイクで失敗とは無縁ですよ!

ツヤ感ある仕上がりはデイリーはもちろん、お出かけメイクにも♡

thinkstock (6558)

パール※2だから上品なツヤが出るのもメイベリン トーン オン トーン シャドウのポイント。日々のお仕事メイクとしてはもちろん、華やかグラデはパーティやよそ行きシーンにもぴったり。さりげなく目元をエレガントにしてくれるので、アラサー女子にとっては重宝間違いなしなんです。

※2パール成分。(合成フルオロフロゴバイト、酸化チタン、酸化スズ、酸化鉄、マイカ(すべてツヤ成分))

肌馴染みが良く使いやすい4色展開!

 (6561)

1:PK-1 ロゼ シャンパン
2:SV-1 シルバー グラス
3:GD-1 スパークリング ゴールド
4:BR-1 ココア ブラウン
発色が美しく、あらゆるテイストのファッションにもマッチする4色展開。写真左から、優しい瞳を演出するロゼ シャンパン、モードな印象のシルバー グラス、オールシーズンマッチするスパークリング ゴールド、深みある目元をつくるココア ブラウン。いずれも日本人の肌に浮くことなく、それでいて色によってガラリと雰囲気を変えられるので、その日の装いに合わせて使い分けするのもオススメです。
★★★★★
知れば知るほど使いたくなる「メイベリン トーン オン トーン シャドウ」。時短で簡単にアイメイクが完成するだけでなく、お財布に優しいプチプラと忙しいアラサー女子には嬉しいことづくめ! さあ、ゲットしなくちゃ♪
★★★★★
メイベリン トーン オン トーン シャドウがプレゼントキャンペーンに登場!
ぜひ、ご応募ください。詳しくはこちらからどうぞ。

※キャンペーンは終了しました。

★★★★★
撮影/草間智博(TENT) 構成/LindeL編集部

Recommend あわせて読みたい

リピートしまくり!ヘアメイク的★厳選プチプラコスメで大人の華やかメイクアップ♪

リピートしまくり!ヘアメイク的★厳選プチプラコスメで大人の華やかメイクアップ♪

仕事柄たくさんのプチプラコスメを試してきたヘアメイク菊池が、お手頃価格なのに、とーっても素晴らしい仕事をみせてくれる優秀コスメを、LindeL読者の皆さんだけにご紹介しちゃいます♪ 
安いのに優秀すぎる!改めて知る「CANMAKE」の魅力

安いのに優秀すぎる!改めて知る「CANMAKE」の魅力

今や「CANMAKE」はただのプチプラコスメの域を超え、プロのヘアメイクも使う機能性も高いアイテムが揃うブランドに。その魅力を改めてチェック。やっぱりCANMAKEすごいです!
【1品3役!?】キャンメイクのクリームチークがスゴイ★

【1品3役!?】キャンメイクのクリームチークがスゴイ★

メイクの定番品としてすっかり定着したクリームチーク。そんなクリームチークですが、頬にのせるだけではなく、口元や目元にも使える超マルチタスクな逸品なんです! 今回はプチプラなのに、めちゃくちゃ優秀な「キャンメイク」のクリームチークの使いこなしテクをご紹介します♪

Keyword

”最強&最高の時短メイク”はメイベリン ニューヨークの「メイベリン トーン オン トーン シャドウ」が叶える

この記事が気に入ったら

Curator

編集部 編集部
「SNSもフォローしてね」
PAGE TOP