カラコンレポをもっと見る
2018.7.18 UP!

最大DIAのファビュラスと最小DIAのフレッシュルックを検証してみたらデカ目メソッドがわかった!

ある日編集部で、日本で買えるカラコンの中でもっとも大きいDIAともっとも小さいDIAってどれぐらい違うんだろう?という話になりました。気になったことは実際に検証してみよう!ということで調べた限りのDIAが最大と最小のカラコンを取り寄せ、あれこれ検証してみることにしました。すると、ある面白い事実が明らかになったのです!

こんなに違う!最大DIA:15.0mm VS 最小DIA:13.8mm

 (16410)

早速取り寄せてみたのがこちら。左がDIA最大の15.0mm を誇るキャンディマジックシリーズの「FABULOUS KING BROWN」。右がDIA最小の13.8mmの「FRESHLOOK®DAILIES®BLUE」。最大の方はさすがにワンデーがなく、1ヶ月タイプのものでした。では、早速気になるレンズ同士を並べてみましょう。
 (16411)

どどーん!いかがでしょう?色味の違いはあれど、明らかなサイズの差!瞳のサイズに換算すると15.0mmは本当にかなりの大きさです。実際間近に見ても15.0mmの方はもう、指に乗せるのが大変でしなっちゃうほど!つけるのにも一苦労しそうだな、というのが第一印象でした(笑)。では、実際この2サイズのカラコンをつけたらどのくらい印象が変わるのか…が気になったので、いろいろ調べていたら我らが木曜日担当のカラコニスタ、滝沢結貴ちゃんが着レポをしてくれていました!色味は違うのですが、サイズは全く同じなので、チェックしてみてください。
最大DIA:15.0mmのカラコンレポ
最小DIA:13.8mmのカラコンレポ

印象の違いは白目がどれくらい出るのか否か、つまりは黄金バランスが鍵

 (16418)

同じ人がDIA最大と最小をつけるとどうなるのか?ですが、答えはこうです。白目の分量の見え方が変わるので、なりたい印象に合わせてDIAを選ぶのも手であるということ。ここで大切になってくるのが瞳の黄金比率です。白目:黒目:白目の割合が1:2:1がベストバランスと言われているわけです。例えば、黄金比率になるカラコンのDIAが14.2mmだったとします。その人が15.0mmをつけたら黒目の分量が増えるわけですから、幼い印象になります(赤ちゃんの目をイメージしてみてください)。逆にこの人が13.8mmをつけたらおそらく白目の分量が増え、つぶらな瞳に(寂しげな雰囲気)なるでしょう。だからDIAの大きいカラコンをつけたからといって必ずしもデカ目効果があるとは言えないんです。やっぱり大切なのはまず、自身の瞳の黄金比率を知ることです。
瞳の黄金比率がまだ分からない!そんなあなたはこちらから

え!そうなの?黒目のサイズは人間皆一緒って本当?

gettyimages (16424)

大きい瞳は多くの女子の憧れ。カラコンやメイクを駆使してデカ目演出に余念がありませんが、実は、人間の黒目の大きさは男女、年齢にかかわらずほぼ同サイズなんだとか!ではなぜ目が大きい人、小さい人がいるのかというと、一重、二重、切れ長の目、まん丸の目、目の開き具合、また、顔の大きさなどで受ける印象に差があるからなんだとか。これは驚き!でもこれでDIAが大きいからと言ってデカ目効果があるとは言えないということの立証にもなりましたね。
★★★★★
編集部での何気ない雑談からスタートした今回の検証、最後は意外な事実まで判明しましたね!兎にも角にも魅力的な瞳を演出するには一にも二にも黄金比率を知ることが最短距離のようです!
★★★★★
撮影/草間智博(TENT)
カラコンレポをもっと見る

Recommend あわせて読みたい

【モデル野崎萌香さん】肌も体も心も!萌香流”キレイ”の作り方

【モデル野崎萌香さん】肌も体も心も!萌香流”キレイ”の作り方

ファッション誌だけでなく、ビューティ誌でも引っ張りだこな人気モデル・野崎萌香さん。最近では、活躍の場を広げ、女優としても注目を集めています。忙しい毎日の中でも、キレイを保つために彼女がしていることを紹介してもらいました。ボディケア、インナービューティ、そして心の磨き方まで、萌香流の美の秘訣は必見です!
【2017年度版】カラコンマニア編集Mが選ぶ”GOODブリスター”3選

【2017年度版】カラコンマニア編集Mが選ぶ”GOODブリスター”3選

カラコンマニアのエディターMが、数々のカラコンを試して気付いた”取り出しやすいブリスター(容器)”のベスト3を勝手にベスト3をランキング! 
【2018年上半期】目力アップが叶う滝沢的MYベストカラコン3を発表!

【2018年上半期】目力アップが叶う滝沢的MYベストカラコン3を発表!

2018年は新ジュエリーブランド「EINS by Grosse」のローンチ、とあるプロジェクトのためN.Y.で1カ月のロングステイ…。とにかくインターナショナルな交流が多かった上半期!!! 2018年上半期の滝沢は「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、目ヂカラUPをテーマに理想のカラコンを探してまいりました(笑)!さぁ、私のお気に入りのカラコンは一体何だったでしょう(笑)?2018年上半期ランキングを発表します!!

Keyword

最大DIAのファビュラスと最小DIAのフレッシュルックを検証してみたらデカ目メソッドがわかった!

この記事が気に入ったら

Curator

Megumi Sawamura Megumi Sawamura
「SNSもフォローしてね」
PAGE TOP