カラコンレポをもっと見る
2018.7.6 UP!

もしや私も!? ”スマホ老眼”って一体なあに?

最近、話題の”スマホ老眼”。一体それはどんな状態? どう対処するのが正しいの? アラサー女子も他人事じゃない”スマホ老眼”。そしていつかは訪れる”老眼”について、今のうちに少しお勉強しておきましょう!

そもそも老眼ってどんな状態?

thinkstock (3776)


老眼というとアラサー女子にはまだちょっと遠いことのように思えますが、昨今パソコンやスマートフォン(スマホ)の使い過ぎによる“スマホ老眼”が増えています。スマホなしの生活は考えられないアラサー女子にとって“スマホ老眼”は他人事ではない現象なんです。
そもそも“老眼”とはどんな症状のことを指すのでしょうか⁉ 簡単にいえば、ピント調整機能が弱まり、近くのものが見えにくくなる状態のこと。“スマホ老眼”とは、常に近距離を見ているために、一時的にピントが合いにくくなること。また“スマホ老眼”は一時的な症状ですが、何度も繰り返すことで、“老眼”を早く引き起こすこともあるそうです。

そうならないためにも、長時間集中してスマホを見続けない。たまに遠くを見て、眼球のピント調整機能を使うようにするなどの対処が必要です。

遠近両用レンズ=電動自転車!?

上記の対策をすることも重要ですが、実は“老眼”や“スマホ老眼”ではなくても、近距離と遠距離が両方よく見えるというケースはありません。距離に合わせて異なる度数の視力矯正をする場合、遠近両用レンズを活用し、目への負担を軽減させることをおすすめします。
thinkstock (3777)

老眼という言葉のせいで、できるだけ老眼レンズ(遠近両用レンズ)を使いたくない、と考える人は少なくありません。でも、かけたほうが目にも負担がない=体にも負担が少なくなります。遠近両用レンズは物を見るのをラクにする道具。たとえて言うなら、移動をラクにするための電動自転車のようなもの。電動自転車があるのに、普通の自転車で移動するなんて馬鹿げていますよね。移動に費やす体力をやらなければならない仕事に回した方が能率的ですよね。それにいざ本格的に“老眼”が始まってから、遠近両用レンズを使おうと思うと、なかなか慣れずに使いこなせないという人もいるそうです。“老眼”という言葉に惑わされず、ラクに物を見るためにも、早めに遠近両用レンズに慣れておくのも悪くないと思います。
記事監修

梶田雅義先生(医学博士・梶田眼科院長)

目の調節機能に関する研究論文を国内外で多数発表するほか、わかりやすい解説で“目の博士”としてメディアへも多数出演。名医・専門医の調査を実施する米国ベストドクターズ社主催のBest Doctors in Japan 2012-2013,2014-2015,2016-2017に選出。 著書に『人生が変わるメガネ選び』(幻冬舎)などがある。 【http://www.kajitaganka.jp】

カラコンレポをもっと見る

Recommend あわせて読みたい

眉毛座談会・番外編 「こんなの見たことない!?」新感覚アイブロウをお試し!【眉毛連載⑥】

眉毛座談会・番外編 「こんなの見たことない!?」新感覚アイブロウをお試し!【眉毛連載⑥】

本当に使えるアイブロウコスメ検証、お悩み解決、眉メイクをプロがお直しBEFORE→AFTERなど、“眉毛”に関する数々の記事を配信してきたこちらの連載も、今回がいよいよ最終回。番外編として、眉毛座談会で話題になった、ちょっと変わり種のアイブロウコスメをご紹介します。スタンプにチップ、チューブなど、新感覚のアイテムの使い心地はいかに!?
続・眉毛座談会! 眉タイプ別・ベストな“アイブロウ”ってどれが正解?【眉毛連載④】

続・眉毛座談会! 眉タイプ別・ベストな“アイブロウ”ってどれが正解?【眉毛連載④】

「本当に使えるアイブロウコスメの検証」、「タイプ別の眉悩みの解決講座」と続いてきた眉毛座談会企画。今回はモデル3人の眉タイプ別に、ヘアメイクさんがベストなアイブロウをセレクトしてくれる模様をお届けします。眉にお悩みを抱えている人は、この記事を読んで一度自分の眉にはどのアイブロウが合うのか見直してみてもいいかも!
【花粉症対策決定版】 最新から"目からウロコ"まで今話題の花粉症対策グッズ5選

【花粉症対策決定版】 最新から"目からウロコ"まで今話題の花粉症対策グッズ5選

鼻水、くしゃみ、目のかゆみ……。花粉症シーズン本番を迎え、せっかく暖かくなってきたのに外に出るのが辛いですよね。そこで知っておきたいのが花粉症対策グッズ。今話題の「花粉を水に変えるマスク」から携帯用のハンドクリーナーまで、知ってて損なし! 厳選5アイテムをご紹介します。

Keyword

もしや私も!? ”スマホ老眼”って一体なあに?

この記事が気に入ったら

Curator

編集部 編集部
「SNSもフォローしてね」
PAGE TOP